お酒の量がかなり影響してくる

社会人になるとお酒を飲む頻度が増えてくるのですが、このお酒を飲む習慣が中性脂肪を高くしてしまう要因となります。お酒を飲むと感動でアルコールを分解する働きがあるのですが、その際に脂肪細胞に中性脂肪が作られるのです。
そんな事から、お酒に強い人であっても必ず肝臓では中性脂肪が作られている状態にあるため、お酒の量が中性脂肪の値に強く影響を与えてしまうのです。そんな事から、お酒の量を抑えることは中性脂肪改善にとても効果があるのです。